いわゆる「捨て垢」相手に誹謗中傷対策はできるのでしょうか?

捨てアカからの「無敵」な攻撃

 

心無い誹謗中傷を行おうとする捨て垢のイメージ

 

SNSを利用していると稀に、心ないアカウントから誹謗中傷を受けることがあります。そしてその多くが「捨てアカ」と呼ばれる、不都合があったらいつでも削除できるアカウントから行われているのです。

 

もし反撃(ブロックやミュートなど)を受ければすぐさまアカウントを捨てて新しい別アカウントで攻撃を再開すれば良いので、「無敵」といえる厄介さがあります。アカウントが捨てられれば攻撃された証拠は残らず、被害者の心にだけキズが蓄積されていくだけです。

 

このような「捨てアカからの攻撃」にはなにもできないのでしょうか?

 

捨てアカでも相手を特定できる

結論からいうと、誹謗中傷をしてきた捨てアカからの攻撃に対策するために相手を特定することが可能です。

 

その際には「発信者情報開示請求」を行いましょう。発信者情報開示請求とは、インターネット上で行われた書き込みに対して、書き込んだ本人を特定するための情報を求める手続きです。捨てアカだろうとインターネットの使用履歴は残るので、「名誉毀損」や「侮辱罪」にあたる攻撃行為をされた場合には、加害者を特定するための行動に移りましょう。

 

相手を特定するための3ステップ

①運営者にIPアドレスの開示を請求

まずは誹謗中傷が書き込まれた場所の運営者に「IPアドレス」の請求を行いましょう。
この手続きで加害者が特定できるわけではありませんが、加害者を特定するために必要な「プロバイダ」の情報がIPアドレスから導き出せます。

 

②回線事業者に個人情報の開示を請求

 

発信者情報開示請求の書面

 

IPアドレスから回線事業者(プロバイダ)を割り出した段階で、次はプロバイダに対して発信者情報開示請求を行います。
この段階でインターネットの契約者情報から住所や氏名を特定することが可能です。プロバイダの対応速度によって変わりますが、この段階で早くても3ヶ月はかかります。

 

③開示された情報(①と②)を元に発信者を特定する

誹謗中傷が書き込まれたサービスの運営者とプロバイダに対して発信者情報開示請求を行えば、後は特定した加害者に対して損害賠償などの協議を行います。
発信者情報開示請求は裁判所に対して手続きを求める必要があるため、可能な限り弁護士に依頼することがオススメです。

 

アカウントを削除される前に「証拠」を集める

捨てアカからの誹謗中傷で重要なのは「迅速に証拠を集める」ことです。

 

発信者情報開示請求には短くても半年近くの期間を費やします。
その間に捨てアカが削除されれば対策のしようがありません。被害を受けたらスクリーンショットやWEB魚拓などで保存し、消される前に証拠を集めておきましょう。そうすることで、スムーズな反撃に移れます。

 

悪意を受け入れる必要はない

捨てアカから攻撃されたら弁護士に相談し、発信者情報開示請求を行いましょう。心ない攻撃への泣き寝入りは必要ありません。
苦しいかもしれませんが冷静に証拠を集め、これ以上苦しめられないように勇気ある行動を起こしてみてはいかがでしょうか

 

掲示板の書き込みへの対応